公務員

公務員(サラリーマン、会社員)の副業がバレる3つの理由とその対策について

会社員の副業がバレる原因とその対策

 

  • 読んでほしい人
    会社員で、どのようにして副業がばれるのかを知りたい人へ
  • 扱うテーマ(悩み)は?
    会社員と副業がバレる経路について
  • 伝えたいこと
    副業がバレる経路は、税金、自己宣言(ネットでの特定)、取引相手からの漏洩。
  • この記事を読んで、得することは?
    副業に付き物である、露呈の回避方法及び対策についての知識を得ることができます。

サラリーマン(公務員を含め)が経済的に豊かになるには、副業をするのが必須の時代になりました。

サラリーマン(公務員を含め)には、副業の制限があります。副業を始めたいけど、バレたらどうしようと不安に思っている人がいると思います。

そこで、副業がバレる原因とその対策について考えてみましょう。

まず、副業がバレる経路は大きく分けて3つあります。

住民税、自己宣言(あるいは、ネットでの特定)、取引相手からの3つでしょう。

この記事を読んで、副業がバレてしまう原因、その対策についての知識を深めましょう。

 

公務員(会社員)の副業がバレてしまう原因3つの原因

  1. 副業の分、住民税の額が上昇してしまったことが会社にバレる
  2. 自分で同僚や職場に副業をやっていることを話す(あるいは特定される)
  3. 取引相手からの漏洩

会社員にとって、副業がバレてしまう原因は、上記の3つに大きく分けられます。

例えば、ブログ収入を例に取ると分かりやすいと思うので、ブログの副業を例に考えてみましょう。

ブログ収入の場合、匿名で行うことが可能になるので、心配になるのは①の住民税でしょうね。

 

会社員の副業が住民税からバレる理由について

  • 副業分の住民税を会社員の給与から、まとめて天引きする特別徴収をすると、会社に副業をしていることがバレてしまう。
  • 副業分の確定申告をする際に、副業分の住民税を納付書で自分で納めるスタイル(普通徴収)を選択することが対策になります。

ブログからの所得が年間20万円以上になると、税務署への確定申告が必要になります。

確定申告は、国税としての所得税を納めるために、所管税務署にたいして、1年分の利益を自己申告することです。

国税の仕組みなどの情報は、氷犬さん(@icedog_410)のブログ「 氷犬の犬小屋Works」に詳しいので、参考にしてください。

 

ちなみに、住民税は1円から申告が必要になります。この点、所得税のルールと違うので、要注意です。皆さん、勘違いされている方が多いので、念の為付記しておきます。

住民税を納める方法ですが、会社員は原則的に、給与から天引きです。自分で納めるのは例外的な扱いになります。

対策ですが、副業の収入を申告するときに、副業分の住民税を会社員の給料から合算して納付するのではなく、「自分で納める方式を選択する」にチェックする必要があります。

確定申告書

画像は国税庁HPから使っています(赤線はRが追加)

 

ちなみに、この自分で納付する制度(普通徴収)ですが、何のためにあるのか知ってますか?

副業をバレないようにするためじゃないですよ(笑)。

正解は、住民税を天引きにしてしまうと、住民税を給与から天引きできない人がいるからです。会社員の給与が30万円。不動産所得が凄すぎて、住民税が100万円とかだったら、給与なしですからね(笑)。

そうならないように、住民税の普通徴収の制度があります。

豆知識です。覚えておいて損は無いと思いますよ(笑)。

 

とにかく、副業が会社にバレばいようにするには、普通徴収を選択しましょう!

*重要:ちなみに、本業以外の給与所得の住民税については、この普通徴収の選択はできないので、副業は完全にバレますので、よろしくです!

 

ちなみに、公務員の中でも、この普通徴収を選択をするを選んでもバレてしまう職種があります。市役所職員で、なおかつ、勤務自治体の市内に住民票を置いている職員は通用しませんよ。なぜなら、課税部門があなたの会社だからです(笑)。バレないようにするには、勤務自治体以外の住所に住民票を置く必要があります。この点は要注意です!

 

職場の人間に副業をやっていることを吹聴する、あるいは、特定される

  • 職場の人間に副業をやっていることを吹聴する
  • SNSやブログに特定情報を掲載し、ネットから特定を受ける

まぁ、これは自分で注意していれば、防げる問題です。

ブログやSNSはこの点、相性が良いです。

理由は、匿名にできるからです。よっぽどの大失敗をしない限り、個人を特定されるようなことにはならないでしょう。SNSやブログに乗せる情報は厳選しましょう。

 

あとは、副業をやったら上手くいって、金回りがよくなるのも注意です。車、時計、ライフスタイル、この辺に金回りの良さが現れてしまうと、怪しまれますからね。

本当の金持ちは、そんなことしませんが、成金はそうなる可能性が高いので、要注意です。上手く言っているときほど、気を引き締めていきましょう。

 

取引相手からの漏洩

  • 副業は取引相手からの漏洩もありうる

ブログで匿名で、広告収入やアフィリエイト、noteを書いている場合などは問題にならないでしょう。

ただ、実際に実名を使った副業や、対面での副業を選択する場合、取引相手からの漏洩も考えられるので、細心の注意を払いましょう。

 

この点、やはりブログは優秀です。会社員は匿名性を武器に、ネットビジネスで副業をやるのが一番ベストだと思いますよ。

 

職場への所得証明の提出から副業がバレる可能性もある 番外編

  • 職場への所得証明書(課税証明書)の提出時に、副業がバレる可能性がある。

何らかの理由で会社に所得証明書を提出しなければならない場合、所得証明書には、あなたの給与収入とは別に副業分の収入がばっちりと記載されており、副業が発覚する可能性が高いです。

 

こうしたリスクもあるので、弊ブログでは、副業がOKな人に副業をやってもらうスタイルを勧めているのです。色々なところで辻褄を合わせるのは疲れますよ。

形式的に副業ができる人の名義で、副業をやってもらえば、何の問題も発生することなく、思う存分、副業をやって、稼ぎまくれば良いのですから。

この記事で伝えたかったこと

  • 会社員の副業がバレる原因は3つ。住民税、自己宣言(特定を含む)、取引相手からの漏洩。
  • 住民税は、確定申告時に、普通徴収を選択する。
  • 副業を密かに、強かにに、隠密に遂行すること。
  • ブログなどのネットビジネスを活用し、対面取引や実名取引を避けること。

今回は、会社員が副業やる際に、副業が漏洩する理由と対策について記事にしてみました。現役公務員からの副業漏洩対策でした。

ばれないように、こそこそと副業をやるのもいいですが、合法的に副業をやる手段があるのですから、そちらを私はオススメしますけどね。

 

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)