公務員

公務員のボーナスは、いつ、いくら、支給されるのか? 地方公務員のボーナスを公開します(3年目)!

公務員の夏のボーナス

地方公務員である私が、夏のボーナスの支給を受けましたので、大まかな金額をお伝えしたいと思います。

★今回の記事の概要★

  • 読んでほしい人
    公務員のボーナスについて知りたい人
  • 扱うテーマは?
    公務員のボーナスについて
  • 伝えたいこと
    公務員のボーナスは年に2回(6月と12月)に支給されます
  • この記事を読んで、得することは?
    公務員のボーナスの仕組みやリアルな金額を知ることができます。納得のいく転職・就職活動に活かしてください。

公務員のボーナスって「いつ」支給されるの!?

公務員のボーナスはどれくらい支給されるの!?

この辺が気になる部分だと思うので、説明していきます!

 

公務員のボーナスは、6月と12月に支給される!

公務員のボーナスは年に2回支給されます。

6月末と12月上旬に支給されるのが通例です。

公務員のボーナスの支給の時期は、法律により定められており、細かくは人事院の規則により決まります(国家公務員)。

基本的に、6月30日、12月10日に支給されることになります。該当日が土日祝日に当たる場合は、前倒しになります。2018年で言うと、6月30日が土曜日なので、6月29日に支給されることになります。

 

地方公務員のボーナスは各自治体の条例で決められますが、基本的には国家公務員の支給日に準じて支給されます。横並びですからね(笑)。

地方公務員は、国家公務員に準じておけば、文句言われませんからね(笑)。

ということで、6月30日と12月10日に支給される自治体が多いのではないでしょうかね。

私が在籍する自治体もこの例にならっております。

 

公務員のボーナスはいくら貰えるのか?

2018年の公務員の一般職の夏のボーナスの平均額は予測値で、約65万円。

*三菱UFJリサーチ&コンサルティング サイトより

これは管理職と特別職を除いた、いわゆる通常の事務職の公務員の平均額です。

約65万円です。平均値なので、あくまで参考程度に願います。

アベノミクスによる景気回復効果もあり、公務員のボーナス支額は増額傾向にあります。

 

このサイトでもお伝えしているとおり、公務員の給与や賞与は、民間の給与を参考に人事院が決定します。

日本の景気が良くなれば、公務員の給与や賞与もそれに連動するわけですね。

そして、地方公務員の給与は国家公務員の給与に連動しますから、私も日本の景気が上向くことを心の底から祈っているわけです(笑)。真面目にね。

 

地方公務員3年目、夏のボーナスを公開します!

総支給額約50万円、手取り約40万円でした!

*地方公務員 3年目 大卒程度のボーナスです。

私が今回頂いたボーナスのリアルな金額です。皆さんのボーナスと比べてどうでしょうか?

私の学生時代の友人は皆優秀で一部上場に就職してますので、早くもボーナスの金額等は抜かれてしまっています。どうなんだろう、60~70万円近くは貰ってるんじゃないかな?

 

私のボーナスの使いみちですが、今の所決まっていません。特に欲しい物もないので、溜まっていく一方です。

まぁ、お金は貯まる分には何ら問題ないので、使えるときのために貯めておこうと思います。自己投資や副業の軍資金として使用してもいいかな。

公務員の皆様で、使いみちが特に無いなら、利率の高い共済貯金に入れておくことをオススメします!

 

この記事で伝えたかったこと

公務員は毎月の給与がそんなに高くないので、ボーナスは大変助かりますね!

ボーナスも1人なら大したことないけど、2馬力になると、100万円いきますからね!

やはり、正社員2馬力は、経済的に有利だなぁ、と感じる今日この頃です。

 

せっかく支給されたボーナスなので、有意義に使用させて頂きます(^o^)

 

毎月の給与の記事も書いているので、参考にしてみてください。

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)