働き方や生き方

公務員が結婚するなら、副業ができる正社員が1番良い?

公務員は、副業ができる正社員と結婚するのが1番

公務員や副業が禁止されている職業に就いている人で、そろそろ結婚を視野に入れている人に読んで欲しい記事です。

★今回の記事の概要★

  • 読んでほしい人
    副業を制限されている職業に就いている人で、結婚を視野に入れている人へ
  • 扱うテーマは?
    経済的観点から見た最適な結婚形態について
  • 伝えたいこと
    公務員は、副業ができる正社員と結婚したほうが良い
  • この記事を読んで、得することは?
    公務員が経済的に裕福になるためには、どのような人と結婚すれば良いのかが分かります。経済的に豊かな結婚生活を送れるようになります。

公務員×正社員(副業OK)が経済的に最適な結婚スタイル

公務員 結婚

自分が公務員などの副業が制限されている職業に就いている場合、経済的観点から言うと、副業のできる正社員と結婚するのが1番です。

公務員(副業が出来ない人)にとって、副業ができる正社員が結婚相手に最適な理由は以下のとおりです。

★副業ができる正社員が結婚相手に最適な理由★

  1. 給与収入以外にも、収入の道を確保できる(精神的メリット)。
  2. 給与収入にプラスして、副業の収入が加算される(経済的メリット)。
  3. 本業で生活がまかなえるので、副業の収入が小額でも、あまり気にならない。

まずは、あなたは正社員(公務員)です。この点が大事です。少ないとはいえ、本業の稼ぎがある程度あります。

そこにきて、正社員の人と結婚すれば、それだけで2馬力です。

1馬力で頑張ってる世帯からすれば、これだけでも経済的にはかなり有利な状況です。

 

毎月の安定した給与、ボーナス、正社員としての福利厚生、社会保険、年金等。

これはサラリーマンの特権です。贅沢しなければ、お金はたまる一方で、効率的に資産形成できるでしょう。

 

でも、更に上を目指すなら、副業という天下の宝刀を使いましょう。

公務員×正社員(副業OK)の世帯が、副業をすることのメリットを上の3つの理由に習って、詳しく説明します。

 

給与収入以外にも、収入ができることの安心感(精神的メリット)

正社員が2人いると言っても、労働者です。労働者ということは、労働しなければ、収入は入ってきません。

例えば、事故に遭う、重病にかかる、色々なリスクがあって、働けなくなるリスクがあります。

働けなくなれば、収入は入ってきません。一気に家庭の経済的事情は変わってしまうでしょう。

 

そんなときに、小額でも給与収入以外の収入があれば、助けになるわけです。

働いているときの安心感は全然違うでしょう。

あなたの精神衛生上、この上なく良いのです。安心しながら、働くことができます。精神的なゆとりができます。

この精神的なゆとりは、あなたの生活上、色々なメリットをもたらしてくれるでしょう。

 

給与収入にプラスして、副業の収入が加算される(経済的メリット)

「公務員×正社員」の組み合わせで、本業でがっつり稼ぐ。

その余剰を株式などの資産に投資できれば、世帯内の財産はみるみる増えていくでしょう。

投資というのは、数がものを言う世界です。つまり、お金があればあるほど、有利にゲームを進められるのです。

 

ダブル正社員での資産形成も素晴らしいですが、更に上を目指すなら、副業でもがっつり稼ぐのです。

本業の稼ぎと副業の稼ぎを合わせれば、鬼になんちゃらってやつです(笑)。

いやー、本当に無敵だと思います。

 

本業があるから、副業にはじっくりと長期目線で取り組める

副業と言うと、「短気で一気にがっつり稼いでやるぜ!」とイメージされますが、それは違います。

副業に限らず、世の中の多くのことは、以下のルールに従うことが多いです。

「短期的に膨張したものは、しぼむスピードも異常に早い」

ビットコインでも何でもそうです。バブルですね。

 

あなたの世帯は、「公務員×正社員」という安定したダブルインカムが見込める状況です。

副業が失敗しても良いんです、0からやり直しても良いんです。

これはかなりのアドバンテージです。

なぜなら、副業が失敗したところで、生活に困ることはありませんからね。

 

なので、短期的視点ではなく、時間がかかるけど、資産になるような副業を選択しましょう。

そして、ゆっくりと確実に、資産を形成していくのです。地道にコツコツと。

気づいたときには、周りの皆が追いつくのを諦めてしまうほど、あなたの世帯は遠くにいることでしょう。

副業をする場合、何が最適なビジネスモデルなのかは、別の記事で執筆予定です。

公務員×公務員は、本当に最高の結婚形態なのか?

公務員と公務員の結婚

公務員と公務員の結婚は、世帯内に副業ができる人がいなくなってしまう。

副業によって収入を最大化する旨味を放棄することになります。

ご存知の通り、公務員(地方公務員含む)は、国家公務員第103条、地方公務員法第38条により、副業の制限があります。公務員の副業に就いては以下の記事を御覧ください。

 

公務員の給料は、国の経済と連動しています。

そして、日本の経済は20年もの間デフレで、今後も上向く様子がありません。

それなのに、公務員は副業を制限されたままです。経済的にはかなりジリ貧になる可能性が高いです。

 

確かに、「公務員×公務員」は未だに恵まれた世帯だと思います。

私の周りにもたくさんの「公務員×公務員」のカップル、結婚した人がいます。

まさに安定でしょう。

贅沢をしなければ、将来は安泰だと思います。

公務員の今後は暗い未来が待っているのか?

でも、職員の削減、膨大な事務量、AIの発達、うつ病を発症する職員、公務員にも厳しい世界になってきています。

まぁ、公務員のあなたなら、私が言わなくても、目の当たりにしていると思いますがね。

若手はキツイです。難関の公務員試験を突破したのは良いものの、ろくに仕事もしない上司のもとで、電話やら窓口に奔走し、定時終了後からようやく自分の事務ができる。

公務員あるあるだと思います。

 

副業ができる可能性が残されているのは、未来への希望

副業は未来への希望

副業ができるということは、無限大の可能性を秘めています。

無限大の可能性があるということは、将来への希望につながります。

もし、あなたがまだ結婚していなくて、これから結婚を考えているなら、少しばかり、今夏の記事の内容を頭の片隅に残してもらえればと思います。

 

一応念のために言っておきますが、結婚相手は経済的条件だけで決めるものではありません。

「ここまで言っといて何だよ」って思われるかもしれませんが、好きになったら結婚するでも良いんです。その際は仕方ありません、好きになってしまったのですから。

 

ただ、もしあなたが経済的安定を望んで公務員の人と結婚しようとしているなら、それは今後ジリ貧になる可能性が高いです。

その理由は、上記で述べたとおりです。

 

副業ができて、収入を最大化できる希望が残されているというのは、精神衛生上極めて良いです。なぜなら、将来への希望があるからです。

今日より良い明日、明日より良い明後日、その希望こそが人生を楽しくさせるのです。

 

この記事で伝えたかったこと

結論:公務員は、副業ができる正社員と結婚することで、経済的に成功できる可能性が高い。

理由

  1. 給与収入以外にも、収入の道を確保できる(精神的メリット)。
  2. 給与収入にプラスして、副業の収入が加算される(経済的メリット)。
  3. 本業で生活がまかなえるので、副業の収入が小額でも、あまり気にならない。

流石にここまで戦略を練っている20代の公務員はいないと思いますが(笑)、知っていると知らないとでは大きな差が出る部分なので、ぜひ参考にしてみて下さい♪

 

本業と副業の余った分は、株式などの資本に集中させると効率的に資産を形成できます。

そのへんの情報は、私の以下のまとめ記事を御覧ください。

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)