文章の書き方

【文章の書き方で悩んでいるあなたへ】 テンプレートの活用は文章が上手くなる最高の近道!?

文章の書き方 テンプレート
この記事の趣旨
  • この記事で扱う内容(悩み)は?
    →どうすれば、悩まずに上手な文章を書けるようになるの?

 

  • 誰に向けての記事なのか?
    →文章を書こうとすると、手が止まってしまうあなたへ。

 

  • この記事を読むメリットは?
    →上手な文章の書き方(テンプレート・型)を学べます。

 

  • この記事を読んだ結果、どう変われるか(ベネフィット)?
    →文章が上手く書けるようになり、あなたの「思い」を読み手に伝えることができるようになります。

 

  • 一番伝えたいメッセージは?
    →テンプレート(型)に沿って書くだけで、文章は一気に見違える!

 

  • 何分で読めるの?
    →6分程度

 

文章の書き方で、あなたは悩んでいませんか?

今回の記事のテーマは、「どうすれば、上手な文章を書けるのか?」です。

あなたは、この記事を読むことで、もう悩むことなくスラスラと上手な文章を書ける「型」を身につけることができます。

結論から先に書いてしまいましょう。

上手な文章を書くコツ

  • テンプレートに沿って書くだけ

ここで言う上手な文章とは、「自分の伝えたいことを、相手にわかりやすく伝えられる文章」のことです。

 

突然ですが、あなたは文章について、以下のような悩みを感じたことはありませんか?

「いざ、文章を書こうとすると、どう書いていいのかわからず、筆が止まっちゃう…。」

「勢いで書いたのは良いものの、よく読み返してみたら、支離滅裂な文章だった…。」

「そもそも文章が書けない、文章のネタはあるけど、効果的な文章の書き方がわからない」

 

こんな文章の悩みを抱えながらも、言葉や文章の可能性に明るい未来を持っている人に、ぜひ読んで欲しい記事です。

文章の書き方に悩んでいた新社会人時代

上から目線のように思われるかもしれませんが、実は、皆さんと同じで、私も文章の書き方に悩まされていた1人でした。

大学を卒業して、公務員として社会人生活をスタートすることになりました。

皆さんがイメージしているとおり、公務員はたくさんの文章を書かないといけません。

社会人になりたての私は、上司から「文章が読みにくい・わかりにくい」と頻繁に言われていました。

「どうすれば、わかりやすい・説得力のある文章を書けるのか?」

常に上のようなことばかり考えていました。

 

そんな日が半年ほど続く中、転換点が訪れます。

あることに注意したら、上司から文章に関する指摘を受けることが少なくなりました。

あろうことか、「Rの文章はわかりやすい」と言ってくれる職員が出ることも。

今でも、文章のブラッシュアップは常に意識していますが、当時ほどの苦しみはなくなりました。

Rが公務員生活や本を読むことで習得した、文章が上手くなるちょっとしたコツを、今回は皆さんと共有します。

 

 

文章の書き方で苦しむ人を一人でも減らし、言葉や文章が持つ無限大の可能性に、明るい未来を想像してもらえるようになったとしたら、この記事を書いた意味があるというものです。

文章の書き方の基本は「テンプレート」に沿って書くこと

上手な文章を書くコツ

  • テンプレートに沿って書くだけ

私が、文章を書くときに気をつけるようにしたのが、このテンプレート(型)を意識することです。

テンプレートに沿って文章を書くだけで、相手に伝わるパワーは増します。

どうして、テンプレートに沿うことで、文章はうまく書けるようになると思いますか?

 

テンプレートに沿って書くことで、文章を上手く書けるようになる理由は、3つあります。

  1. 人間が理解しやすい文章の流れは、ある程度決まっているから。
  2. 型が決まっているので、文章の流れでなく、内容に集中できるようになるから。
  3. 文章を書くのが楽しくなり、より多くの文章を書くようになるから。

文章は流れが重要です。流れとは、「どのような内容を、どのような順番で配置するか」を意味します。

自己流でデタラメに書いていたら、当然、文章は分かりづらくなってしまいます。

分かりやすい文章は、ある程度その型が決まってるのです。

もはや、それは、その型を知っているか知らないかの問題です。

 

また、文章の型が理解できれば、後はそこに内容を当てはめていけばいいだけです。

つまり、文章の流れに頭を悩ませなくてよくなります。

そうなれば、当然、文章の内容(質)に力を注ぐことができます。

文章の質が上がれば、読者も、あなたの書いた文章に引き込まれる可能性が高まります。

 

最後に、文章を型にはめて書く楽しさを覚えたあなたは、文章を書くことが楽しくなります。

楽しくなれば、文章をたくさん書くようになります。

文章を上手く書くようになるコツは、テンプレートに当てはめて書くことですが、当然、書けば書くほど、あなたの文章スキルは洗練されていきます。

 

ここまで読んだあなたは、「早く、そのテンプレート(型)とやらを教えてよ!」と思ってますよね(^^)

文章を書くときに一番使えるオーソドックスな型をご紹介します。

文章は結論から先に書いてあげると読み手が楽になる

文章は「結論から書く」。

これは、ビジネス、ブログ、SNS、どの分野でも共通する文章の大原則です。

結論から書くときの効果的なテンプレート(型)をここでご紹介します。

結論優先型フォーマット

  1. 結論
  2. 理由
  3. 具体例
  4. まとめ

*出典 『うまく はやく 書ける文章術』(2016) P126

この結論優先型フォーマットは、文章を書くあらゆる場面で役に立つと言っても良いです。

実は、もうお気づきの方も多いと思いますが、この記事も「結論優先型フォーマット」をベースにして書いています。

結論優先型フォーマットの具体例

①結論(文章はテンプレートに沿って書くと上手く書ける)

②理由(人が理解しやすい文章の流れは、ある程度決まっているから)

③具体例(例えば、結論優先型フォーマットがおすすめ)←今ココ

④まとめ

こんな感じですかね。

となると、この先がもうわかりますよね。「まとめ」に入るということです。

でも、ちょっとまだ説明したい内容がありますので、「まとめ」はもう少し待ってくださいね(笑)。

 

 

 

結論優先型フォーマットが文章の理想形な理由

どうして、この結論優先型フォーマットは読み手に思いを伝えるのに有効なんでしょうか?

結論優先型フォーマットがおすすめな理由

  1. 結論を最初に知れることで、読み手のストレスを減らせるから
  2. 理由が無いと、説得力が弱くなるから
  3. 具体例があったほうが、理解がスムーズにいくから
  4. 最後にまとめてあげると、文章全体の流れを把握できるようになるから

人間はせっかちです。WEB上の人は特にその傾向が強いです。

文章を読んでも読んでも結論が無い文章、一番最後にしか結論が無い文章だと読まれなくなってしまいます。

それから、人は結論がわからないいまま、延々と文章を書かれるとストレスが溜まります。

だから、結論ありきで書きましょう。

 

理由付けも大事です。結論だけ言われても、その理由が無いと、人間は納得しません。

なので、結論を述べたら、その後で、結論の理由を述べるようにしましょう。

 

また、具体例も重要です。一般的・抽象的な話を延々とされても、読み手はストレスがかかります。

個別的・具体的な話を紹介してあげれば、読み手のストレスは減りますからね。

 

そして最後に、まとめをしてあげましょう。わかりやすいテンプレートで文章を書いても、文章を読み理解するという行為は、非常に脳のエネルギーを使います。

「結局、この文章で言いたいことは何だったの!?」

この疑問に答えられるようにまとめを入れることで、あなたの思いは読み手の脳内に残りやすくなります。

 

とにかく、ここで言いたいのは、「いかに読み手のストレスを減らせるか」という視点です。

この記事で伝えたかったこと

  • 型に当てはめれば、文章は上手く書けるようになります。
  • 結論は一番最初に書きましょう。その後は、理由付けも必要です。
  • 「具体的とまとめ」を入れることで、さらに上手な文章が書けます。
  • 読み手のストレスを減らすことが大事。

どうでしたでしょうか?

皆さんも、テンプレで文章の悩みから解放され、自分の「思い」を伝えたい相手に、伝えてみませんか??

自分の文章で相手に思いが伝わるって結構嬉しいことですよ!

 

ちなみに、当サイトでは、「注目されるようなタイトルの付け方」や「自分の商品を売るときの文章の書き方」についても書いてますので、ぜひご覧になってください。

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)