働き方や生き方

ランチェスター戦略とは!? 弱者が強者を逆転する唯一の方法を学べ!

ランチェスター戦略
この記事の趣旨
  • この記事で扱う内容(悩み)は?
    →弱者は強者に対してどのように対抗すれば良いのか?

 

  • 誰に向けての記事なのか?
    →豊富な資金とマンパワーを持たない者(弱者)向けの記事

 

  • この記事を読むメリットは?
    →弱者の戦い方がわかる

 

  • この記事を読んだ結果、どう変われるか(ベネフィット)?
    →弱者でも、ビジネスの世界で生き残ることができる。

 

  • 一番伝えたいメッセージは?
    →弱者には弱者なりの戦い方がある!相手が強者だからといって、すぐに諦めない。

 

  • 何分で読めるの?
    →5分程度

ランチェスター戦略は「弱者 逆転の法則」!?

ランチェスター戦略

ランチェスター戦略は、強者に対して、弱者がどのように戦えば良いのかを示してくれます。

 

皆さんは、人生で一度は以下のように思ったことはありませんか??

「だめだ…。相手が強すぎる…。絶対に勝てない…。」

「うわっ、資金力や人数で圧倒されてる…。勝てっこない…。」

とにかく、まともに正面から戦ったのでは、勝てないというケースです。

 

勝てないとわかっているのに、そこを正面突破しようとするのは、「勇猛」ではなく、「無謀」と言います。

強大な相手に正面突破を挑み、物量戦に持ち込まれ、ジリ貧に。

戦う前から、自ずと結果は見えています。

 

じゃあ、弱者は強者に追従するしかないのでしょうか?

実は、そんなことはありません。

弱者には、弱者なりの戦い方があります。

その弱者の戦い方のヒントを与えてくれるのが、今回の記事で扱う「ランチェスター戦略」です。

 

ランチェスター戦略のポイントは?? 差別化、一点突破、NO.1主義の3つ。

ランチェスター戦略が導き出す、弱者の戦い方のポイントは大きく分けると、3つになります。

☆ランチェスター戦略 弱者の戦い方☆

  1. 差別化(勝てる場所を見つけ出し)
  2. 一点突破(自分の持てるパワーをすべて注ぎ込み)
  3. NO.1主義(勝てる場所で圧倒的NO.1の立場に立つ)

ランチェスター戦略は、もともと戦争で自分の軍を有利に導くにはどうすれば良いのかを研究した戦略です。(*詳細な方程式がありますが、当記事では割愛します。)

そして、ランチェスター戦略から言えるのは、「戦い(ビジネス)では、資金力や人手を大量に持っている強者が常に有利になる」ということです。

 

ただ、ここで気づいてほしいのが、すべての局面で強者が強者の立場にあるわけではないという点です。

A局面で強者であった者が、B局面では弱者になってしまうことがあります。

ここにこそ、弱者の戦い方の奥義が発揮されます。

つまり、弱者はB局面でランチェスター戦略を活かして、一気呵成にNO.1の立場を取るのです。

 

例えば、ブログもビジネスなので、こうしたランチェスター戦略を応用できます。

「もし、Rが新しいブログを作るとしたら、どうするのか?」という視点で、ランチェスター戦略を説明してみましょう。

ランチェスター戦略のポイント1 「差別化」

ランチェスター戦略のポイント1 「差別化」

  • 大勢の人が目をつけていない分野を見つける。
  • 万人受けを狙わず、ターゲットを絞る(狭く深く)。
  • 他の人とは違うことをやる(特典をつけるなど)。

ランチェスター戦略のポイントの1つめは、「差別化」という視点です。

なぜ、差別化を図る必要があるのかというと、弱者が浅く広くで手広くやると、圧倒的な強者に必ず負けるからです。

なので、弱者が勝てる分野やターゲットを見つけ出し、強者とは違った視点で、差別化を図る必要があります。

 

☆差別化の具体例☆

 

例えば、Rが新しいブログを立ち上げると仮定した場合、ターゲットを絞りますね。

「公務員×20代×資産運用」てな感じです。

公務員だけだとターゲットが広すぎます。なので、20代の公務員に限定します。

さらに、20代の公務員の中でも資産運用に絞るのです。

 

そうすることによって、他の人のブログと差別化を図れます。

差別化とは、簡単に言えば、ブランディングのことです。

Rといえば、「公務員×20代×資産運用」だよね!みたいなことですね。

 

ランチェスター戦略のポイント2 一点突破

ランチェスター戦略のポイント2 一点突破

  • 差別化した分野に、自分のリソース(金、時間、人数)を全力投入する。

強者は浅く広く、それなりのレベルで弱者に襲いかかります。

なので、差別化した分野に、強者が追いつけないほどの自分の全勢力を注ぎ込むのです。

決断です。断つことを決めてください。差別化した分野だけに一点突破です。

 

☆一点突破の具体例☆

例えば、Rの新ブログでは、Rの「知識・労働力・時間」などのリソースを全力投入させるということです。

「公務員×20代×資産運用」の記事を書きまくるということになります。

ランチェスター戦略のポイント3 NO.1主義

ランチェスター戦略のポイント3 NO.1主義

  • 差別化した分野では、ライバルに負けることなく、NO.1を目指す。

なぜ、NO.1なのか?(「No.2じゃ駄目なの?」って言った議員がいましたね(笑)。)

 

皆さんが想像する以上に、NO.1であることのメリットは大きいです。

NO.1であるということは、その分野の第一人者です。

第一人者であるということは、ブランドが作られるということです。

ブランドが一度確立されると、2位以降は、追いつきづらくなってしまいます。

ブランドを確立すると、NO.1の地位が更に安定化します。

 

☆NO.1主義の具体例☆

Rの新ブログを例に取ると、「公務員×20代×資産運用」Googleの検索結果で1位を獲得するなどですね。

 

ランチェスター戦略のポイントを簡単にまとめます

☆ランチェスター戦略 弱者の戦い方☆

  1. 差別化(勝てる場所を見つけ出し)
  2. 一点突破(自分の持てるパワーをすべて注ぎ込み)
  3. NO.1主義(勝てる場所で圧倒的NO.1の立場に立つ)

ランチェスター戦略は、いかに弱者が強者に対抗するかの実践的な戦略です。

弱者が強者に対抗するには、上の3つの点に気をつけて、戦略を練る必要があります。

このランチェスター戦略は戦争をもとに考えられたものですが、マーケティング、ブログ、ビジネス(経営)、人生戦略など、戦いが想定されるあらゆる場面に応用できます。

 

自分が強者に対抗して強者になることを考えるのではなく、「自分が強者になれる場所はどこか?」を考えて戦略を立てると、コスパよく自らを有利な立場に引き上げることができますよ!

 

 

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)