投資

『積立投資のすべて』星野 泰平  積立投資の基本は、この本だけ読めばOK?

積立投資の最大のメリット

『積立投資のすべて』は、積立投資をしてる全ての人にオススメできる本です!

『積立投資のすべて』星野 泰平

Rは社会人1年目から、主として米国株式及び世界株式の投資信託への積立投資をしております。

インデックス投資や積立投資というのは、一度設定してしまえば、あとは放置するだけです。

 

なので、意外と暇になるってのがあります。

いや、暇になるってのは凄い良いことです。

その浮いた時間で、人生を充実させれば良いのですから。

 

Rは、勉強や読書が好きなので、そちらに時間をあてています。

結局は、経済や金融や投資の本を読んでいるんですけどね(笑)。

 

話がそれましたが、この本は積立投資を勉強するようになってから読んだ本です。

内容もわかりやすく、実務に役立つものです。

 

この本の中で、「積立投資の価値」なる解説ページがありまして、そこが皆様のお役に立つと思うので、引用します。

 

積立投資の価値とは?

この本の著者の星野さんは、以下の9点を積立投資の価値であると述べています。

 

  1. 値下がり安心効果=下がっても安心
  2. スピード回復効果=損から早く回復しやすい
  3. リバウンド効果=下がってから上昇するとリターンを得られる
  4. 値上がり効果=上がっても利益が得られる
  5. タイミングフリー効果=始めるタイミングに悩まないで済む
  6. エンディング効果=終わりは大事
  7. プロセス効果=値動きで成果が変わる
  8. 継続効果=続けることで口数が積み上がる
  9. 予測不要効果=細かい予測はいらない

引用:『積立投資のすべて』星野 泰平P327

*赤線はRがつけたもの

 

9つありますけど、Rが良さげだと思うのを、4つ選んでコメントをします。

リバウンド効果 下がってから上昇するとリターンを得られる

いわゆるV字効果ってやつです。

積立投資が1番リターンを上げるのが、このV字回復パターンです。VVVVVVVVVV。

そんなに書かなくても、わかるよってねw。

 

何でかって言うと、値段が下がると買い増しできる数量が増えるからですね。

安い値段で買った大量の数量が価格の上昇と伴に、火を噴くわけですw。ドッカーン!てね。

だから積立投資では、最終的に右肩上がりになるような対象を選ばないといけません

S&P500、NYダウ30、まぁなんでも良いんですけど、このへんは堅いでしょうね。

 

タイミングフリー効果 始めるタイミンに悩まないで済む

ブログやら書籍で勉強して、いざ株を実際に買おうとしてたら、トランプ相場やらアベノミクス真っ最中でした。

なーんてことは、結構ありえますよねww。

 

株を買うのに最高な時期は、景気低迷気です。

最高の買い場だったのが、2008年のリーマンショックです。

くそっ、Rは高校生だったから、株を買えなかった…。

てか、全然、そんな知識も無かった…。

 

話はそれましたが、株を買うタイミングを見計らっていると、いつまでたっても買えないことがあるのです。

その点、積立投資は、始めようと思ったときが、積立投資を始めるタイミングです。

なんなら、明日から始めてもOKなんです。

最高ですよね。投資も人生もストレスフリーが1番!

継続効果 続けることで口数が増える

配当金投資をやってる人にはわかると思います。

配当金投資をやってる人にとっては、正直、株価なんてどうでもいいのです。

その企業が配当を維持または増配してくれれば、株数を増やすことだけに注目していればいいからです。

 

それと同じで、積立投資も、口数を増やすことに注目します。

この口数は、積立投資を続ければ続けるほど、積み上がっていきます。

「積立投資の結果=基準価格×口数」ですから、口数を増やすことで、資産額を増やせます。

 

しかも、この口数は値段が上がろうが下がろうが、一度買ったものについて、変動がありません

投資の世界で変動がないというのは、安心感につながるのです。

 

予測不要効果 細かい予測は不要

Rは積立投資で1番でかいメリットです。

Rはそう思ってます。

 

Rは投機もやってます(株式の信用取引)。

なので、テクニカル分析も勉強しました。

でも、このテクニカル分析はどツボにハマるので、要注意です。

何本も線が引けたり、捉え方が人によって違ったりします。

 

当たり前です。なぜなら、人間は未来を予測できないからです。

未来を予測するために、「あーでもない、こーでもない」と分析をするんですから、ストレスがたまります

たまに当たったり、外れたり。外れた理由も、当たった理由も、はっきりわからないです。

はっきり言って、まぐれです。ストレスがたまります。

 

その点、積立投資は細かい予測をしないで済みます

精神衛生上、最高この上ないです。

積立投資に必要なのは、信念です。

おっ、なんか宗教臭いぞ、と思ったそこのアナタ。なかなか鋭いですw。

 

資本主義教なる宗教ですw。

資本主義の未来を信じるか信じないか。

株式の積立投資を始めるか始めないか、全ては資本主義を信じるかどうかです。

そこに細かい予測は不要です。

Rは資本主義の明るい未来を信じています。

それは、今までの過去記事でしつこく書いてきたことです。

 

この記事で伝えたかったこと

  • 積立投資には9つのメリットがあります。
  • その中で1番大きなメリットは、細かい予測をしないで済む点です。
  • 積立投資は、始めるタイミングを気にしないで済みます。
  • 積立投資では、口数は忘れられがちですけど、重要な一要素です。
  • 積立投資で最高のリターンを上げるパターンは、V字回復です。

 

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)