インデックス投資

米中貿易戦争? そんなの気にせず、たんたんと積立投資をしてれば良い。

今日の記事では、「インデックス投資家は、米中貿易戦争を気にせず、たんたんと積立をすれば良いこと」を説明します。

米中貿易戦争を嫌気 NYダウ続落

NYダウ 続落

引用:ヤフー・ファイナンス

 

トランプ政権は23日、中国を主な標的に、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限措置を発動。中国商務省は同日、128品目の報復対象を発表し、第1弾として米国からの果物、ワイン、鋼管などに15%、第2弾で豚肉やリサイクルアルミに25%の関税をそれぞれ上乗せすると明らかにした。
これとは別にトランプ大統領は通商法301条に基づき、中国の知的財産権侵害への貿易制裁発動を命じる文書に署名。最大で年間600億ドル(約6兆3000億円)相当の中国製品に25%の関税を課す見通しで、中国商務省は「貿易戦争を決して恐れない。十分な準備ができている」と報復で応じる姿勢を鮮明にした。

一部引用:時事ドットコムニュース

 

トランプ政権の保護主義が顕在化してきました。

そして、中国も経済大国としての自認がありますから、これに負けじと報復を発表しました。

 

これを受けて、NYダウを中心とする世界の株価指数が大幅続落しています。

私達、インデックス投資家は、こうした貿易戦争をどう捉えればよいのでしょうか?

 

貿易戦争なんて、資本主義の未来にとって見れば、大したことない

強靭な資本主義経済

前に説明したとおり、資本主義はこれまで、数々の試練を乗り越えてきました。

貿易戦争? そんな小さなこと気にする必要無いです。

 

米中貿易戦争のニュースを世界中の人達が見ています。

だからといって、カピタルを含め彼らは、普段の行動を変えますか?

変えないです。

 

アップル社のiPhoneを使ってニュースを見て、スタバでパソコンをいじってるでしょう。

のどが渇いたらコカ・コーラを飲んで、お腹が空いたら、McDonaldでハンバーガーを頬張るでしょう。

膝を擦りむいたらジョンソン・アンド・ジョンソンのバンドエイドを使います。

 

朝起きたら、P&Gのジレットを使って髭を剃り、出勤の準備を整えます。

会社に出勤して、マイクロソフト社のExcelやWordを使って仕事をするでしょう。

ちょっとしたメモには、MMMのポスト・イットを使います。

 

もうさすがにいいでしょう(笑)。

とまぁ、こんな風に、米中貿易戦争などそっちのけで、人々の動きは変わりません。

世界中の人達が、今までどおりの行動をします。

カピタルもそのうちの1人です。

 

インデックス投資は、資本主義の未来を信じることに他ならない

資本主義の未来

 

 

水瀬ケンイチさんの『お金は寝かせて増やしなさい』のレビューで触れましたが、インデックス投資とは、資本主義の未来を信じることです。

お金持ちになりたい。それも早く。

新しい物が欲しい。便利な物が使いたい。

 

そんな人間の欲望を原動力とする資本主義です。

100年前の人間も、今を生きる我々も、100年後を生きる人間も、思うことは同じです。

 

この資本主義は、地に墜ちても墜ちても、常にその大底から蘇ってきました。

資本主義の未来を信じて、毎月の積立投資を継続するのです。

米中貿易戦争なんて、資本主義の未来には、どうでもいいことです。

 

インデックス投資家は、ゆっくりと資本主義の未来を信じて、毎月こつこつと積立投資をしましょう。

いや、それこそが、インデックス投資家の本来の仕事です。

目先の事件に狼狽して、インデックス投資を止めてしまうのは、本当に勿体無いことです。

 

この記事で伝えたかったこと

  • 貿易戦争などという目先の事件にとらわれず、もっと長期的な視点で投資を考えてほしいこと。
  • 貿易戦争が起きたからといって、世界中の人達の行動は変わらないということ。
  • 資本主義の未来にとってみれば、貿易戦争なんて大したことはないということ。
  • 資本主義の強力な未来を信じて、毎月たんたんと積立投資をすることが、インデックス投資家の真髄であること。

 

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)