お金との付き合い方

お金の話をする人は、「卑しい人」!?

卑しい人

読者の皆様、おはようございます。

最近、寒さが和らいできました。

しかし、お金の話をする人への風当たりは強いみたいです。

今回は、なぜ、日本人の思考様式が「お金の話をする人→卑しい人」になるのかを考えてみたいと思います。

 

株で儲けた利益はあぶく銭!?

まぁ、儲かった話を人前ですることは無いと思いますが、仮にそれを伝えたら、次のように思う人が多いと思います。

「どうせ、あぶく銭でしょ。何もしてないのに、そんなに儲かるハズがない。そのうち失敗するわ。卑しい人ね。」

もう、嫉妬、僻み、猜疑心の塊ですね(笑)。

 

でも、日本人の多くはこのように考える人が多い、と思います。

労働というものに一種の価値観を持ち込み、汗水垂らして得たお金以外は、お金と認められない、いや、認めたくない、そんな感じがよ~く伝わってきます。

 

好きな人をいじめてしまう感覚に似てる

簡単に言うと、お金の話をすると上記の様になってしまうのは、その人(多くの日本人)がお金について強い興味関心を持っていることの証拠なんです。

お金についてどうでも良いと思っていれば、嫉妬や僻みなんか起きず、華麗にスルーできるはずです。

スルーできないということは、心の奥底では、お金について何らかしらの感情が渦巻いているのです。

好きな人をいじめてしまう、あの感覚に似ています。

 

「お金が無いと何もできない。でも、どう働いても、頑張っても生活は苦しくなるばかり。誰も助けてくれない。なのに、株を買ってあぶく銭で贅沢をしてるやつもいる。何か怪しいことをしてるに違いない。お金は汗水垂らして稼ぐのが一番!」

 

とまぁ、こんな風に思っているのでしょう(あくまで推測)。まさにGの世界の論理です。でも、読者の皆様はRの世界のルールも知っているはずです。

 

Rの世界のルールが強大になってきていることを認識する

資本

 

  • お金が無いと何もできない。       → Rの世界は、資本を持つものがリーダーになる世界ですから当たり前です。
  • どう働いても、頑張っても生活は苦しい。 → Rの世界では、労働者は搾取される存在です。
  • 誰も助けてれない。           → Gの世界ではみんな搾取されてるから、助けてる余裕なんてありません。
  • 株で稼ぐのはおかしい。         → Rの世界で、リスクを引き受けるという仕事をしています。
  • 労働から得られるお金こそが本物!    → お金に色はありません。労働から得たお金も、不労所得で得たお金も、同じです。

 

Rの世界のルールを一緒に見てきた読者の皆様なら、わかると思います。

近年は、r>gが顕著に現れているのです。

日本人はこのGの世界に閉じこもっている人が多いのです。

嫉妬や僻みに体力を消耗させている暇があれば、Rの世界のルールを理解し、少しでもRの住人になれるよう行動すれば良いのです。

 

これができない人は、一生搾取され続け、不満を言い続けて、人生を終えるのでしょうね。

もちろん、r>gであることを理解し、それでもgを選択する人もいます。

それはそれでOKです。人にはそれぞれ価値観があります。自分の価値観を他人に強制する権利はありません。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)