働き方や生き方

公務員への転職は金融機関で勤務してた人が多い

公務員への転職
銀行員

公務員へ転職してくる人は一定数いますが、実体験上、金融機関で勤務してた方が多い気がします。

これは統計データとかは無いので、あくまでもカピタルの身の回りの話として気楽に聞いてください。

 

公務員への転職は、前職が金融機関勤務の人が多い

銀行員

入庁するとわかるのですが、新卒ストレートで公務員って結構レアなんですよね。

公務員試験浪人を何年かしていた人。

民間企業で働いていて、転職してきた人。

そういう人たちが結構多いです。

 

そして、民間企業で働いた人たちに、どこで働いていたのかと質問すると、金融機関という回答が多いのです。

銀行、信用金庫、証券会社等で勤務してた人たちです。

 

それで、その人達に転職理由を聞いたことがあります。

どんな理由だと思います?

 

転職理由 ノルマに追われる毎日に嫌気がさした

ノルマ

民間企業ですから、ノルマを求められます。

組織として、目標が課されます。

以前、私の友人がメガバンクから公務員に転職した経緯を話しましたよね。

友人はこのノルマに精神をやられました。

 

また、転職してきた人たちに理由を聞くと、このノルマから解放されたいという理由が多いです。

やっぱりノルマに追われると、余裕がなくなって、心が荒んでいくんでしょうねぇ。

友人は、「給料なんか多少下がってもいいから、ノルマをなくして欲しいよ。」と口酸っぱくいっていました(笑)。

 

公務員と金融機関は、特に”信用”が求められる職業

信頼

これは、全ての会社にあてはまるということを前置きしておきます。

前置きした上で、特に、金融機関と公務員には、”信用”を高く維持することが求められます

 

公務員は、税金という公金を扱います。その使い方には、住民や国民への細心の注意を払う必要があります。

役所と住民や国民との間の信用が不可欠です。

 

金融機関も、顧客から何十億、何千億、何兆円という規模のお金を預かります。

以前、話をしたと思いますが、お金は信用です。

特に信用が求められる業務です。

 

公務員と金融機関ともに、”信用”を常に意識して業務することが求められます。

その点において共通点があり、転職してくる人が多いのかなと思います。

 

この記事で伝えたかったこと

  • 公務員で新卒ストレートは意外にもそんなに多くない。
  • 公務員への転職組は、金融機関からの人たちが多い。
  • 転職理由は、ノルマに嫌気がさして。
  • 公務員と金融機関は信用を維持する点において共通点がある。
ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です