公務員

税金を滞納すると処分されちゃうの!? 差押えを受ける前に相談しよう。

税金を滞納すると差押えを受ける
この記事の趣旨
  • この記事で扱う内容(悩み)は?
    →税金を滞納したとき、どんな場合に差押えされるのか?

 

  • 誰に向けての記事なのか?
    →税金を滞納していて、どうすれば良いのかわからない人へ

 

  • この記事を読むメリットは?
    →差押えになるまでの流れがわかる

 

  • この記事を読んだ結果、どう変われるか(ベネフィット)?
    →正しい滞納相談ができるようになる

 

  • 一番伝えたいメッセージは?
    →差し押さえされる前に、役所に連絡を入れよう!

 

  • 何分で読めるの?
    →6分程度

ヤフーニュースに興味深い記事を見つけたので、ご紹介します。

給料大半差し押さえ…父吐血、娘は口座0円 「税金違法取り立て」で親子、さいたま市を提訴 市は争う姿勢
3/14(水) 23:44配信

訴状などによると、2016年1月ごろ、男性の妻が市に月32万円の給与を差し押さえる承諾書を提出するように指示され、男性の署名と押印をして提出。本人の意思が反映されていない承諾書で給料の大半を差し押さえられたとされる。男性は少しずつでも返済しようと、毎日深夜勤務で働いた結果、血を吐いて倒れ、救急搬送されたという。

長女は15年12月、給料日に口座が差し押さえられて残金が0円になり、生活苦と精神的苦痛を受けたとしている。

引用:ヤフーニュース

 

Rは税金関係の仕事で、税金の徴収事務をやっていたこともあるので、説明しましょう。

税金を滞納していて、不安を抱えていませんか?

税金の滞納

「税金を滞納しちゃってるけど、よく分からないから、そのまま放置しちゃってる…」

「督促状が届いちゃったけど、どうすれば良いのか、わからない…」

今回は、上のような不安を抱えている人へ向けての記事です。

 

まず、私は役所で滞納者の差押えをする仕事をしていたことがあります。

役所は法律に基づいて処分をすることになるので、必ず連絡を入れて、相談をしましょう。

 

不安な人もいると思うので、差押えにいたるまでの流れを確認しておきましょう。

★税金の滞納で差押えを受けるまでの流れ★

①税金を納期限までに納めない(連絡をしない)

②督促状が届いてしまった(連絡をしない)

③督促状が届いても無視

④財産の差押

大雑把に確認すると、このような流れになります。

よく考えると、色々なタイミングで相談する機会は多いですよね??

なので、とにかく不安を感じたら、相談です。

 

相談をしているのに、いきなり差押処分をすることは、原則的に無いです。

税金は納期内に納めるのが大原則

税金

税金は定められた納期限までに一括で納めるのが大原則。

税金には、納期限があります。

「いついつまでに、納める必要がありますよ。」ってことです。

税金の種類ごとに、法律によって納期限が定められています。

 

税金は、この納期限までに、一括納付しないといけないのです。

一括納付が大原則です。一括納付が出来なければ、分割納付の相談をする必要があります。

自分で電話をして、相談をする必要があります。

 

払えないからと言って、勝手に自分で判断すると、大変なことになります。

相談の連絡を入れれば、役所の職員も人間です。

事情があれば、相談に乗ります

 

さぁ、この相談をせずに、そのまま放置するとどうなんでしょうか?

 

督促状の発送で、差押えの準備が整う

督促状

督促状が送られてきたら、要注意!

納期限から1ヶ月ほどして(役所によって異なる)、納付がなされないと、督促状という書類が送付されます。

この督促状は、差押の成立要件を満たすための法的な文書です。

督促状が出ていない状態で、差押えをすることはできません。

 

督促状を出して、連絡があれば、相談に乗ります。

督促状を出しても反応がない場合、次のフェーズに移行します。

はい、差押えですね…。

 

ちなみに、納期限から1ヶ月も経過すると税額によっては、延滞金が生じる可能性があります。

>>「税金の延滞金の利率は高い!? 年利8.9%!?」

督促状を無視すると、差押えになってしまいます

 

差押

財産調査のうえ、財産が発見されれば、即座に差押えが行われる。

ありとあらゆる財産に調査が及ぶ。

皆さんが一番気になる部分じゃないでしょうか?

督促状を見ても、納付も連絡もない。

 

こうなると、差押えになってしまいます。

役所には、税金を徴収するため、強大な権力が付与されています

皆さんの財産を調査する権限を与えられています(国税徴収法第141条)。

また、皆さんの財産を差押する権限を付与されています(国税徴収法第47条)。

 

皆さんの預金、給与、証券口座内の資金、株式、債券、売掛金、不動産、ありとあらゆる財産に調査が及びます。

 

Rも調査していたので、わかります。

全てが筒抜けとなります。

嘘を付いても、無駄です。

この記事で伝えたかったこと

    • 税金には、納期限が定められており、納期限までに一括納付するのが大原則。
    • 税金を納付しないで、放置してると、督促状という書類が届く。
    • 督促状が届いても、納付がない場合、差押処分に移行する。
    • 差押をしても連絡が無ければ、そのまま滞納税金に充当されます。
    • 相談の連絡があれば、役所はできるだけ相談に乗ってくれるます。

ちなみに、税金を滞納したまま死亡してしまうとどうなるのでしょうか?

以下の記事を参考にしてみてください。

>>「税金を滞納したまま、死亡すると、恐ろしいことに…。」

 

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です