働き方や生き方

公務員への就職を考えている人へ 公務員は「リスクの高い」職業ですよ! 

公務員はリスクが高い職業
この記事の趣旨
  • この記事で扱う内容(悩み)は?
    →公務員って意外にリスクが高い職業ってこと

 

  • 誰に向けての記事なのか?
    →公務員への就職あるいは転職を考えている人へ

 

  • この記事を読むメリットは?
    →公務員の実態を知ることができる

 

  • この記事を読んだ結果、どう変われるか?
    →公務員への就職・転職への参考にしてほしい

 

  • 一番伝えたいメッセージは?
    →公務員は意外にもリスクが高い職業

 

  • 何分で読めるの?
    →4分程度

公務員への就職をよくよく考えたほうが良い3つの理由

さて、今回は公務員という職業について、Rが常に思っていることを話します。

これから公務員になる人、これから公務員に転職しようと思っている人、はたまた現職の公務員の方の参考になれば良いです。

以下の3点の理由から、公務員という職業はリスクが高いと考えております。

公務員という職業がリスクの高い3つの理由

  1. やってる仕事が専門的(ニッチ)すぎて転職時にあまり使えない
  2. 1つの職場にいる期間が短いから、得られる知識が中途半端
  3. 何よりも、価値を創造するマインドに欠如しがち

公務員はニッチな専門知識しか身につかないことが多い

法律

公務員は基本的に自分の部署の仕事しか把握していない人がほとんどです。Rもそうです。

現代の行政というのは、扱う仕事の範囲も広いし、その専門性も非常に高いです。

 

自分の組織の全体像を把握していて、自分の部署がどう組織に連結されているのかを把握している人は超レアです。

 

つまり、自分の課でやってる仕事を覚えるだけで精一杯なのです。

そして、やってる仕事が狭いのです。

 

例えば、市役所で言うと、税金部門、福祉部門、環境部門等と分けられて、更にその中に細かく別れています。

普段の生活で全く使わない訳の分からない法律もたくさん使います。

仕事でしか使いません。民間企業に転職しようと思ったときにあまり使えません。

 

Rがいる部署も専門性が非常に高く、民間の会社では全く使わない仕事になるでしょう。

Rは、そのことに危機感を感じています。

だから、公務員を辞めたときにも大丈夫なように色々なスキルアップを図っています。

 

こうしてブログを書いているのもそうした対策のうちの1つです。

それから、投資やお金の勉強は常にしています。

>>「投資初心者が今すぐに理解できる大切な「お金と投資」の話 経済的に豊かな暮らしをしよう」

 

公務員が身に付けられる専門知識のレベルも中途半端(専門職を除く)

やっている仕事の内容が専門的だということは、既に説明しました。

そして、公務員は3~4年に一回異動があります。3年というと長く感じるかもしれません。

 

しかし、仕事で3年は油が乗ってくる時期です。「色々な知識を身に着けて、これから本領発揮!」と思っている矢先に、全く関係の無い部署に異動です(笑)。

やってる仕事も狭い、そして、異動ペースも速いから、得られる知識も中途半端(笑)。

もう、酷い有様です。でも、パンフレットでは、この有様を格好良いカタカナで表現しています。

 

ゼネラリスト(Generalist)”、よくパンフレットに載っています

そして、出世する人ほどゼネラリストであることを求められ、異動スピードは速いです。

出世する人ほど会社に依存していて、中途半端な知識しか身に付きません。

 

もっと悪いことに、異動があるとわかっていたら、人間ってどう対応すると思いますか??

その分野でプロフェッショナルになろうと思いますか??

 

否です。「3年目で異動になるんだから、適当に仕事ができるようにそこそこの知識でいいや…」となるのが、人間ってもんです。

完全に悪循環です。

 

価値を提供する意識が身につかない

価値

資本主義の世界では、どれだけ他者に価値を創造し提供できたかで、存在価値が決まります。

なぜ、Appleは時価総額が1位なのか??それは、iPhoneやMacが無くなった世界を想像すればわかるはずです。

世界は大混乱です(笑)。それだけ世界の人々に価値を提供しているということです。

 

公務員は価値を提供することで、給与を貰っているわけではありません。

もっと言えば、価値を提供しなくても、給与がもらえます。

なので、価値を提供することの反対給付としての報酬という概念を意識している人が少ないというのが、カピタルの印象です。

 

これは、資本主義の世界では致命的なマインドです。

会社から見放された瞬間にゲームオーバーです。

役所という安全地帯から見放され、自分でお金を稼ぐときには、価値を提供するマインドが必要不可欠だからです。

 

公務員として勤務していると忘れられがちな「価値の提供が報酬の源泉」を常に意識して、カピタルは日々の業務をこなしています。

このマインドはいつか必ず役に立ちます。いや、既に役に立っているのかもしれません。

 

まとめ

世間での公務員のイメージは、「安泰、安心、リスクが少ない」です。

カピタルも就職する前はそう思っていました。

 

でも、実はそんなことはありません。これからは個で稼ぐ力が求められる時代です。

そのときに、公務員という職業は、上記のような理由から、かなり危険でリスキーな職業になりえます。

 

転職時の面接で、「課長(係長)ならできます!」という恥ずかしいアピールをして撃沈しないように、日々のマインドを変えていきましょう。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

POSTED COMMENT

  1. 俺は地方公務員になる前は国家公務員だったんですが、国の異動サイクルはもっと早いですね。係員だと1,2年で異動するのは当たり前でした。実際に自分も1か所目は1年で、2か所目は1年半で異動でした。地方公務員に転職して「よっしゃー、3,4年も一つの仕事やれるんだ!」って思ったぐらいです(笑)

    確かに公務員の仕事はいわゆる「潰しのきかない」仕事ですねー。20代半ばぐらいまでは大丈夫かもしれませんが、30歳ぐらいになるとカピタルさんのように転職を意識してスキルアップしてる人じゃないとなかなか転職市場で評価されないかもしれません。

    いざとなったら仕事辞めてやる!ぐらいの意識でいないと精神的にも追い込まれやすくなると思います。中の仕事に適応できなかったらおしまいですから。外の世界に目を向けるというのはとても大切ですね。

    • ローンウルフさん いつもコメントありがとうございます!
      そうだったのですね!国家公務員からの転職組だったのですね。国はもっと移動サイクルが早いのですね、参考になります。
      そしたら、3~4年は長く感じますよね(笑)。
      私も、転職の予定は今のところ無いですが、何が起こるかわからないので、緊急事態に備えて、色々と準備をしています。

      >いざとなったら仕事辞めてやる!ぐらいの意識でいないと精神的にも追い込まれやすくなると思います。

      この点については共感しかありません。職場にも精神をやられた人がいるのでわかります。
      公務員の世界にいると、視野が狭くなりがちなので、視野を広く保つことを私も心がけております。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です