お金との付き合い方

【必読】「寝ながら稼ぐ」(ジェームズ・スキナー) あなたは本当の資産と負債の違いがわかりますか?

寝ながらお金を稼ぐ ジェームズ・スキナー
この記事の趣旨
  • この記事で扱う内容(悩み)は?
    →どうすれば、経済的に楽になれるのか?

 

  • 誰に向けての記事なのか?
    →経済的に厳しい人・お金を増やしたい人へ

 

  • この記事を読むメリットは?
    →お金を増やす仕組みが理解できる

 

  • この記事を読んだ結果、どう変われるか(ベネフィット)?
    →多くのお金を稼ぐことができる

 

  • 一番伝えたいメッセージは?
    →価値を生み出すものに時間を使う!

 

  • 何分で読めるの?
    →6分程度

お金持ちになる方法を学ぼう!

お金持ちになるには、資産の意味を理解し、資産を増やす必要がある。

前の記事で、労働者がお金持ちになれない理由を説明しました。

>>「働くだけではお金持ちになれないたった一つの理由。」

労働者がお金持ちになれないのは、リスクをとっていないからでした。

逆に投資家はリスクを取っているので、お金持ちになる権利があるという話でした。

 

そして、お金持ちになるには、できるだけ「資産性」があるものに投資をする必要があることも説明しました。

>>「お金を増やす考え方 今すぐ考え方を変えないと、手遅れになるかも!?」

資産性があるとは?
  1. 買った後、長期的にみて、価値の上昇が見込める。
  2. 保有しているだけで、お金が貰える。

簡単にいうと、上の2条件を満たすようなものを買いましょう!、という話です。

 

さて、ここからが、今回の記事の本題です。

皆さんは、資産と負債を分ける決定的な違いが何か、わかりますか??

 

資産と負債を見分ける、とっておきの方法があるんです!

しかも、この見分け方はかなり本質的なので、知っておいて損はないですよ。

お金の名言 「溜め込むのが負債、放出するのが資産」

自分のためだけに使うものは、負債。

他人のためにシェアするものは、資産。

お金の名言 「溜め込むのが負債、放出するのが資産」。

誰が言った名言なんだろう? 私ですw。

ヒントは、ジェームズ・スキナーさんの『寝ながら稼ぐ 121の方法』から得ました。

 

自分のためにだけ持つ物は負債となる!

持っているものは他人と分かち合うようにしよう!!!

引用:『寝ながら稼ぐ 121の方法』 P220

とてもシンプルな分け方ですが、かなり的を射ています。

つまり、自分だけのために使用している間は、お金を生み出さないということです。

 

 

例えば、知識や経験。

自分が得た知識や経験は、自分だけで隠しておいても、それ自体がすぐにお金にはなりません(自分の能力が上がって稼ぎやすくはなりますが)。

しかし、言葉や動画などの伝達手段を使って、それを共有した時を考えてみてください。

SNSやブログで皆に共有し(価値の提供、シェア)、第三者が価値を見出してくれれば、お金を払ってくれる可能性があります。

 

 

「お金は天下の回りもの」ならぬ「価値は天下の回りもの」

他人のためにシェアするのが資産であるなら、自分から積極的に価値を提供して、資産を生み出そう!

「価値の提供は人のためならず」 By 投資家R

他人に何かをシェアしたい、他人に価値を提供したい。

そうする人が結果的に、お金を稼げるのです。

 

「情けは人のためならず」という言葉があります。

意味は「人に対して情けを掛けておけば,巡り巡って自分に良い報いが返ってくる」です。

 

こうも言えるでしょう。

「価値の提供は人のためならず」。

意味は「人に対して価値を提供すれば、巡り巡って自分に良い報いが返ってくる」ってところでしょうかね。

「労働の対価≠お金」、「価値を創造した対価=お金」

お金は、なぜもらえるのか? 

価値を提供したから。

価値を提供すればするほど、お金はもらえる。

逆に言えば、いくら労働する時間を増やしても、価値を提供できていなければ、お金は増やせない。

シンプルな質問ですが、なかなか奥深い回答になっています。

資本主義の大原則です。「お金は価値の提供から生じる」。

 

労働者がもらっているお金は、会社が創造した価値の一部を「経費」として支給されたものです。

会社が創造した価値を全額受け取ることはできません。

会社が生み出した価値を受け取れるのは、投資家(株主)です。

 

 

 

「お金持ちになるには、どうすればいいのか??」

  1. 会社の生み出した価値を受け取れる立場の人間になる=株主になる
  2. そもそも、自分で価値を創り上げ、多くの人に価値を提供する。

 

価値の提供の仕方は、人によって様々

人によって価値の創造の仕方は異なります。

私は自分の知識や体験をSNSやブログで情報発信することで、価値を提供していくつもりです。

 

私は価値を高めるために、以下の活動をしております。

  • 本を読んで、知識を増やす
  • 今までに読んで役に立った本を紹介する
  • ブログが読みやすくなるように、ライティングスキルを勉強する

こんな感じで、少しずつですが、読者の皆様に価値を提供できるよう、頑張っています。

この記事で伝えたかったこと

    • 資産と負債の違いは、他人に価値を共有・提供するかしないか。
    • お金は労働の対価じゃなくて、価値を創ったことに対する対価。
    • お金持ちになるには、創り出す価値の質を高めて、できるだけ多くの人に価値を提供すること。

 

ABOUT ME
公務員 投資家R
公務員 投資家R
20代地方公務員。投資、公務員、読書、映画などの情報を発信しています。21世紀は「信頼と信用」が何よりも重要になってくると考えて、ブログを運営しています。利益だけを追わない、信用を貯める。利益は後から結果的についてくる。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です