バランス感覚って本当に大事 その4 インプットとアウトプット

投稿者: | 2018年2月9日

バランス感覚シリーズも「その4まで来ました」。今回で一度バランスシリーズは終了にしたいと思っています。

今回扱うテーマは、「インプットとアウトプット」です。

インプットはできる人が多い

教科書を読む、読書をする、理論を暗記する。なんでも良いんですが、インプットって日常生活の中では、結構多いと思います。インプットは受動性が強い行為です。とりあえず、今あるものを読んで観る、理解してみるなど。インプットすらやらない人もいますが、インプットはできるという段階まで来ているのなら、ぜひアウトプットまでやってもらいたいのです。

アウトプットをして初めてインプットが活きてくる

インプットしたものをアウトプットすることで、色々考えるようになります。アウトプットする過程で、疑問や意見が出てきます。あれこれ考えるようになるのです。おっかなびっくり試してみるのです。試してみると、以外に簡単だった、難しかったなどのことがわかってきます。アウトプットを通じてインプットが洗練されていきます。

アウトプットからのインプットへ

アウトプットが出てきたら、更にインプットへ改良を加えます。試行錯誤しながら、循環させていくのです。均衡を保ちながら、まわしていくことで、好循環が生まれます。こうした姿勢が身についている人は、バランスの良い人間に仕上がります。それは、人生のあらゆる部分で役に立っていきます。

 

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければ、シェアしてください(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です