自己紹介 はじまして、カピタルです。

はじめまして、カピタルといいます。

自己紹介をさせてもらいます。

生まれ~社会人まで

千葉県の片田舎に生まれました。家は貧乏でもなく、裕福でもなく、普通の家庭です。

小学校、中学校は公立で、高校と大学が私立です。高校は、運良く、試験で高得点が取れたため、ほぼ無料で通えました。

大学は特に浪人はせず、ストレートで入りました。大学では、政治経済学を専攻しました。

ダブルスクールで、公務員試験に合格。某公共団体に就職しております。

現在、社会人3年目になります。

思い出に残る学生時代 読書三昧

学生時代は、特に目を見張る成果をあげたわけではありませんでしたが、唯一、自信を持って言えることがありました。それは、学生時代に沢山の本を読んだことです。

バイトもそんなにしていなかったので、毎日、1冊のペースで本を読んでいました。読んだジャンルは、社会科学や人文科学の本が多かったです。自分の専門分野に関係なく、心理学、歴史学、経済学、政治学、哲学、宗教学、文学、言語学、地政学などの本を読んでいました。こうして、文章が下手くそながらも、書いていられるのは、その時に得た知識のおかげだと思います。

社会人になってから投資を始めた

周囲には、学生時代から投資をしている人もいましたが、カピタルは、お金に興味が無く、お金にならない本ばかりを読んでいました。

しかし、社会人にもなると、自分で働き、給与をもらうようになりますので、どうしてもお金の管理に興味が湧いてきます。

周り(家族や職場の人間)には投資をやっている人がいなかったので、聞ける人がいませんでした。ですが、そんな経験は学生時代に経験しており、周囲の人間にアドバイスが聞けないのなら、自分で本を読んで勉強するしかありません。

またもや、カピタルは、投資関連の書籍を1年近くかけて、何百冊も読むことになりました。

本を読んでいると、どうも投資をしないのは、色々と問題を生じることがわかってきたので、実際に投資を始めてみることにしました。

最近は投機にも興味があり、少ないお金の範囲で勉強しています。

 

と、まぁ、生まれから最近の投資のキッカケを書いてみたわけですが、書ききれていないことも多いですね。あまり多く書きすぎても、読者の方が大変でしょうから、この辺にしておきます。どうぞ、これからよろしくお願いします。

よろしければ、シェアしてください(*^^*)